最新情報
最新情報
現在の位置: 隆安ニュースニュース

隆安が代理した商標権侵害訴訟事件が上海高裁参考判例に入選

情報提供:隆安法律事務所掲載時間:2021-01-08 10:39:32文字の大きさ:

隆安が上汽大衆汽車有限公司(原告)を代理し、沈某、徐某(被告ら)を訴えた商標権侵害訴訟事件が上海市高裁2020 年第三弾第100 号参考判例に選ばれた。被告らが原告及び原告傘下のSKODA 商標を冒用してエアバッグを生産販売した行為が発覚し、エアバッグが警察に押収されたうえ、巨額の被害額を伴う刑事犯罪として被告らに有罪判決が下された。原告は被告らの行為が商標権侵害行為にあたると主張し、上海市楊浦区人民法院に民事訴訟を起こした。上海市楊浦区人民法院は、原告の賠償請求額を全額認め、被告らに対し共同で損害賠償額及び権利侵害行為を阻止するためにかかった合理的支出を支払うことを命じる判決を下した。その後、被告の沈某は上訴したが、途中で上訴を取り下げた。
 [判決のポイント]
(1)刑事判決で認定されなかった部分に対する権利侵害者への民事責任の追及が排除されることはない。
(2)刑事判決における主犯と従犯の認定は、民事責任を負う際に差を生じることはない。
(3)民事賠償額の確定について、単純に刑事事件における被害額(犯罪額)を基準にしてはならない。

 

TEL:+86 10 88096573 | FAX:+86 10 88096923 | E-mail:patent@longanlaw.com
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト