最新情報
最新情報
現在の位置: 隆安ニュースニュース

隆安がプロジェクタ分野二大巨塔の和解に助力互恵関係を実現

情報提供:隆安法律事務所掲載時間:2020-11-16 14:48:39文字の大きさ:

今年の6 月、光峰科技(Appotronics Corporation Ltd.)傘下の峰米(北京)科技有限公司(原告)は成都極米科技有限公司(被告)が製造、販売しているZ6 型プロジェクタは原告の特許権を侵害していることを理由に、天津市第三中級裁判所に訴え、損害賠償4600万元を請求した。隆安は原告を代理し、光峰科技の利益を積極的に保護し、世界各地で計2000 件以上の専利及び専利出願を有する光峰科技と中国家庭用プロジェクタ販売大手極米科技の和解に助力し、計3000 万元の「専利ライセンス契約」と「戦略的提携協定」の締結に導いた。双方の約束により、将来の5.5 年で、極米科技が2500 万元の対価で、光峰科技の指定専利の実施権を得ることができる。更に、被告は原告が研究開発したレーザ超短集光器のコンポーネント製品等核心部品を優先的に購入することを約束し、原告に対し取消不能のNRE 代金500 万元を支払った。

TEL:+86 10 88096573 | FAX:+86 10 88096923 | E-mail:patent@longanlaw.com
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト