最新情報
最新情報
現在の位置: 隆安ニュースニュース

徐家力が新華社『経済参考報』において「ブロックチェーンが知的財産権分野で高い将来性を有する」と題する論説を発表

情報提供:隆安法律事務所掲載時間:2018-09-29 09:48:23文字の大きさ:

先日、中国法学会インターネット及び情報法学研究会が主催し、清華大学法学院、アリババ集団法務部が運営する中国法学会インターネット及び情報法学研究会2018年年会が、杭州で盛大に開催されました。2018年年会のテーマは、「改革開放40年及びインターネット情報法治発展」です。年会において、北京市隆安法律事務所の徐家力弁護士は、ブロックチェーン技術の原理を紹介し、ブロックチェーン技術は知的財産権分野で広く活用する価値があると提案しました。現時点において、知的財産権権利の確認、保護システムに活用できます。 
徐家力は、以下の三つの方面からブロックチェーンについて説明しました。第一にブロックチェーンの概略;第二に知的財産権権利の確認;第三は、知的財産権権利の保護です。

 


 

登録 | インターネット勤務 | サイトポリシー | 二十週年記念
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト