最新情報
最新情報
現在の位置: 隆安ニュースニュース

徐家力弁護士が「第3回中仏法律と司法交流」活動に参加

情報提供:隆安法律事務所掲載時間:2018-05-15 11:08:49文字の大きさ:

2018年5月4日、「第3回中仏法律と司法交流」活動が北京清華大学法学院で開催され、徐家力弁護士が招きに応じて参加し、全国弁護士協会を代表して、「ビッグデータとネットワークプライバシー権保護」をテーマに発言した。主要な内容は以下の通り:
1. ビッグデータ時代におけるデータの透明性
(1) ネットショッピングの情報
(2) 証券取引データ
(3) 医療データ
(4) 社交データ
2. プライバシー情報の分類
(1) 伝統的なプライバシー権の主な種類:
1〉普通の身分情報
2〉プライバシー情報
(2) ビッグデータ時代において、プライバシー権が拡大し、上記以外に以下の2種類の情報が出てきた:
1〉ネットワークオリジナルデータ
2〉掘り起こすデータ
3. ビッグデータ時代におけるプライバシー情報の属性
(1) 本質的な属性は人格属性であり、例えば、医療情報のネット登録、ホームページを見る習慣等によって漏洩し、 、侵害された後、公民に精神的な苦痛をもたらす。そのため、その情報と主体は強い関連性を有している。
(2) 当然、このような情報がショッピングサイト、広告会社に把握された後、財産利益に転化される可能性があるが、本質的には人格属性である。
4. 侵害の方式
(1) プライバシー情報の不合理収集
1〉過度収集
2〉違法収集
3〉他人の私的ネットワークスペースに侵入する
(2) プライバシー情報の不合理利用
1〉プライバシー情報の不適当漏洩
2〉違法取引
(3) ネットプライバシー権侵害の要因
1〉ネットワーク技術の属性はソフトウェアが漏れを有するということを決める
2〉ビッグデータそのものの価値と処理技術の促進、多くのデータから特徴を分析する
3〉データ保護関連法律の欠如、ユーザー権利意識の薄れ
5. ネットワークプライバシー権保護の対応策
(1) ネットワークプライバシー権の客体を合理的に確定する
1〉プライバシー情報:個人の身分データ、個人の財産情況情報
2〉個人のこと、他人に知らせる不便なこと
3〉口座、Uディスク等の私的分野
(2) ネットワークプライバシー権の内容を明確にする
1〉データの自決権、他人による収集を認めるか否か
2〉データのアクセス権、他人が情報を収集する時、十分に知らせる
3〉異議請求権。データが不良影響を招いた時、データ制御者に異議を提出する
4〉削除請求権。間違いデータとプライバシーデータの削除請求権
(3)ビッグデータ使用者を規範する
1〉同意を得た後、データを収集・使用する
2〉制御者は措置を取って、データの不正利用と濫用を防止する
3〉制御者はユーザーによる自己のデータの検索を保障する


 

登録 | インターネット勤務 | サイトポリシー | 二十週年記念
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト