最新情報
最新情報
現在の位置: 隆安ニュースニュース

徐家力弁護士が中国科学技術協会の専門家審査会に参加

情報提供:隆安法律事務所掲載時間:2018-04-27 11:12:00文字の大きさ:

2018年4月26日、中国科学技術協会組織した「科学技術成果転化モデルとシステムに関する研究」会議が中国科学技術協会で開催された。徐家力弁護士が評審専門家として会議に参加し、「科学技術成果転化モデルとシステムに関する研究」という項目に対して、以下の意見を発表した:
1.科学技術成果転化問題は世界普遍の問題で、先進国では上手に解決されたが、我が国の科学技術成果転化問題には不利な問題が存在している。
2.科学技術成果転化モデルとシステムの主要問題は、転化の実体問題とプロセス問題、即ち主体問題とルート問題を指す。
3.科学技術成果転化問題は、まず科学技術成果の知的財産権主体問題を解決すべきで、国家、研究部門、企業、個人、誰もが科学技術成果転化の知的財産権権利を有している。
4.科学技術成果が知的財産権権利においてどのように表現されるか。例えば、特許権、営業秘密権、著作権などその他の知的財産権権利。
5.上述したのは権利保護問題である。科学技術成果転化過程においては知的財産権の権利侵害を防止すべきで、これは即ち権利保護問題である。
6.知的財産権の創造、運用、管理、保護などの過程で、科学技術成果転化の具体的な過程を表現し、その他のルートを探す必要はない。

 

 

登録 | インターネット勤務 | サイトポリシー | 二十週年記念
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト