最新情報
最新情報
現在の位置: 隆安ニュースニュース

徐家力弁護士が2017年度中国十大影響性訴訟発表会に参加

情報提供:隆安法律事務所掲載時間:2018-03-27 10:50:44文字の大きさ:

2018年3月26日午後、2017年度(第13回)中国十大影響性訴訟発表会が法律出版社の報告庁で開催された。今回の活動は中国法学会案例、法律出版社により主催され、北京大学法学院、清華大学法学院、中国人民大学法学院、中国政法大学、中央財経大学法学院から支持を得た。
徐家力弁護士は、コメント専門家として発表会に参加し、「e租宝」案件に対して以下のようにコメントした:
一.インターネット時代において、社会が日々発展し、人類の発展プロセスも加速させた。インターネットの発展によって伝統や法律に頼ることをおろそかにしてはいけない。インターネットの先進性によって法律の遅滞性を拡大してはいけない。当方によれば、法律の効力は疑う余地がなく、法律は時代の発展につれて変化すべきだが、客観的環境が法律の遅滞性を決めた。それは業界に発展の機会をもたらすとともに、立法者に観察する時間を与えた。短時間で法律を制定することはどの業界に対しても大切である。本案は監督欠如の深刻な結果を現した。そのため、インターネットと法律を分けてはいけない。どの業界に対しても社会上基本的なもの、即ち法律を守るべきである。
二.なぜ「e租宝」が短時間でRMB500億元を集めることができたのか。会社の資金を集めるスピードは想像できない。当方によれば、この現象を招く要因は主に以下の通り:1.「e租宝」会社はインターネット財テクの旗を揚げ、人を騙す。普通の人々はインターネット金融に詳しくないため、この未知のものは人目を引きやすい。2.虚偽宣伝はもう一つの要因である。2014年以来、鈺誠係が大量の資金をコマーシャルに投入し、人々が短い時間で「e租宝」を覚えた。特に中央テレビなど多くのテレビが全ての天気予報に「e租宝」の宣伝ビデオを放送して、人目を引いた。投資者から見れば、「e租宝」はアリババ、テンセンス、百度のような大手インターネット会社の1つである。3.普通の公衆は法律に詳しくないためインターネット財テクに詳しくない。「e租宝」の年収益率は9%-14.6%となり、多くの人は高いリータンに釣られて、その落とし穴に陥った。
三.監督の欠如について。法律人として、これは典型的な資金集めの詐欺案件と思っている。この案件は不正に公衆の預金を集める犯罪と考える人もいるが、当方は資金集めの詐欺案件と考えている。この案件の発生原因は監督の欠如と想定する。公司の設立から今まで、多くの監督部門の介入が必要になる。行政機関の監督にしても、犯罪防止機関の監督にしても、監督の目的を達成しないため、RMB700億元の犯罪金額となった。現状から見れば、国内でインターネット金融プラットフォームを設立するためには、工商行政管理機関と通信管理部門から許可書を得なければいけないが、二者の監督責任と実力が不明確である。インターネット金融プラットフォームは貸し借り双方のサービスプラットフォームとして、中国銀行業監督管理委員会(「銀監会」と略称する)により監督されている。2014年「両会」後、中央銀行がP2Pネット貸し、クラウドファンディング(crowd funding)などの監督責任を明確にさせ、中国証券監督管理委員会(「証監会」と略称する)がクラウドファンディングを監督し、銀監会がP2Pネット貸しを監督する。2016年7月18日、中央銀行(「央行」と略称する)などが「インターネット金融健康発展の促進に関する指導意見」を公布し、P2Pネット貸しを含むインターネット金融に監督の基調を設定した。その後、中国保険監督管理委員会(「保監会」と略称する)、央行などが相次ぎ「インターネット保険業務監督に関する暫定弁法」と「非銀行支払う機構のインターネット支払う業務に関する管理弁法(意見募集稿)」を公布したが、P2Pネット貸しの監督弁法は公布しなかった。そのため監督欠如により、P2P業界が混乱した。
四.インターネット業界内の合法的行為と不正行為を決める。インターネットは監督から立法まで、遅滞性があり、法律の客観的環境から見れば、立法によってインターネットの発展を制限することは実現可能性が低いと言える。司法実践において、司法解釈または執行部門がインターネット金融、財テク行為を決める必要があり、普通の公衆に合法的行為と不正行為の了解に有利と考える。中国は既に世界最大のインターネット産業国となり、インターネットによるGDPへの寄与率が8%となった。国際標準から見れば、ある産業の国内GDPへの寄与率が1%を超えると基幹産業となるため、インターネット産業が中国の基幹産業の一つということを疑う余地はない。しかし、我が国の 及び行政機関の指導ルールは普通の公衆に明確な標準を提供しないため、、公衆が合法と不正を判断するのは難しいである。故に、短時間でインターネット合法と不正の標準を明らかにすることが大切である。
五.今、インターネットによる個人生活、社会経済生活への影響は無視できない状況にある。インターネットと現実の世界は異なる世界だが、法律はインターネット世界にも及び、法律はいかなる地方でも絶対的な効力がある。法律人として、この点は明確にしなければいけない。立法のスピードを加速すると、インターネットの発展を障害し、立法のスピードを緩めると、多くの問題をもたらす可能性がある。変革とチャレンジの時代において、法律を武器をとしてインターネットの発展を守るべきである。

 

 

登録 | インターネット勤務 | サイトポリシー | 二十週年記念
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト