弁護士・弁理士紹介
現在の位置: 弁護士・弁理士紹介
程中華
職  務:
パートナー
オフィス:
上海
電話番号:
+8621 60857666
FAX番号:
+8621 60857655
Eメール:
chengzhonghua@longanlaw.com
業務言語:
中国語、日本語

【学歴】
1999年 天津工業大学 工学学士
2005年 華東政法大学 法学修士

【職歴】
2004年-2005年  御宗法律事務所 弁護士 
2005年-2009年  毅石法律事務所 弁護士
2009年-2010年  来来法律事務所 パートナー
2010年-現在    北京市隆安法律事務所上海支所 パートナー

【業務分野】
外商直接投資、M&A・企業再編、会社再建・倒産、企業労働人事制度の構築、独占禁止、コーポレート・ガバナンス及びコンプライアンス相談、契約紛争、商事訴訟及び仲裁等

【弁護士紹介】
程中華弁護士は、隆安法律事務所に加入する以前、某大手渉外法律事務所の法務部門の責任者を務めたことがあり、長期にわたって日系企業に法律サービスを提供する経験を持っています。豊田自動車(中国)投資有限公司、キャノン(中国)有限公司、大金(中国)投資有限公司、東芝(中国)有限公司、東麗(中国)投資有限公司などのグローバル企業及び地域本部を含む百社に近くの日系企業に対して法務サービスを提供しています。
弁護士を始業以来、程中華弁護士は、投資環境の調査、投資法案の考案、コーポレート・ガバナンス構造の構築、株権投資紛争、会社解散生産、製品に関する責任紛争、契約紛争、労働人事紛争等分野において、大量の訴訟及び非訴訟案件を取り扱って、豊富な実務経験を有します。取り扱われた案件のうち、案件標的に係る金額は数億人民元に上ります。
程中華弁護士は、取り扱った案件が下記のように取り上げられますが、それらに限りません。某日系通信設備会社(中国郵電合弁事業)及び某船務企業の解散清算案件、某日系自転車製造業者株権譲渡案件、某工業刃物製造業者M&A案件、日本油機企業、某旋盤設備企業が中国で商業企業を設立した案件、日本某中古自動車株式会社が上海で中古車代理会社及び広告会社を設立する案件、某日系自動車製造企業の自動車製品に関する責任紛争案件、某不動産業者と農業銀行による不動産開発共同プロジェクト紛争案件、某自動車スプリング会社(上海集団と日系企業の合弁会社)、某日系厨房設備企業の工場全般の取り壊し案件

【社会職務及び栄誉】
上海市弁護士協会国際投資及び独占禁止委員会委員
上海市弁護士協会会社解散及び倒産清算委員会委員
 

登録 | インターネット勤務 | サイトポリシー | 二十週年記念
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト